塾講師と学校の先生

sample子供の頃に勉強を教えてくれる先生と言えば、 やはり学校の先生か、塾講師が思い当ることが多いでしょう。 学校の先生と塾の先生では、基本的にこのような違いがあります。 まず当然ですが、学校の先生は教員資格を持つ、公務員の職業です。 教員資格を得るためには、様々な試験、実習を積み、知識も必要になると言えるでしょう。 反対に塾講師の場合は、塾によっては特に資格なども必要なく、 大学生がアルバイトとして講師をやるという塾も少なくありません。

次に、こちらも当然ではありますが、学校の先生の場合は日頃の勉強だけではなく、 先生によっては学級の管理、学生への指導や、家庭訪問、引率など、勉強を教える以外にも、 学校に関係する、生徒に関係する様々な事柄を行います。 反対に塾講師の場合は、そういった授業以外に関する事柄は特にないものの、 授業の準備や予習などに時間を使い、勉強に集中して取り組む必要があると言えるでしょう。 そして、当然ですがお給料のスタイルも大きく異なります。

学校の先生はあくまで公務員ですので、国の税金からお給料が支払われ、 基本的には月給制です。反対に塾の先生の場合は、会社員になりますので、 生徒の月謝から給料が出ていると言えるでしょう。 また、アルバイトの場合ですと時給制、 一クラスいくらという形でお給料が発生している場合もあるようです。 同じ先生でもこのように、学校の先生と塾講師には、大きな違いがあると言えるでしょう。



■特選サイト
学校の先生と塾講師の違いとして塾講師はバイトでする方が多いこともあげられます。塾講師のバイトをするなら参考になるサイトを紹介します。 →→→ バイト 講師

最新投稿